その他・サービス

HOME > よくある質問 > 売買・投資 > どういったタイプの間取りが投資物件に向いていますか?(投資)

売買・投資 のよくある質問

どういったタイプの間取りが投資物件に向いていますか?(投資)
単身者向けであれば、ワンルームから1LDK、DINKS(Dual Income No Kids[2収入、子供なし]の頭文字をとったもの。夫婦共働きで子どもがいない夫婦)向けであれば、2DK~2LDK、ファミリー向けであれば、3LDK以上の間取りが必要とされますが、投資物件としては、どのタイプにもメリットデメリットがあります。 家賃の価格帯、入居の回転の早さ、現状回復費用の多さなどの違いからだけではなく、物件の立地や地位的なニーズによっても投資物件として相応しいか判断する必要があります。

お役立ち情報

  • 賃貸物件入居者様向け
  • 開店・開業ノウハウ
  • 不動産売買の知識
  • 買取・任意売却・その他売買のことなら買取・任意売却・その他売買のことなら
  • 「賃貸管理物件」募集中「賃貸管理物件」募集中
  • 企業情報企業情報
  • 採用情報採用情報
不動産総合センター

不動産総合センター

〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-12-14
TEL:092-475-0055(代表)
FAX:092-475-0058
TVQ斜め前です

  • SUUMO売買
  • SUUMO賃貸
  • athome売買
  • athome賃貸
  • 楽街