その他・サービス

HOME > よくある質問 > 店舗・オフィス > スケルトン物件、居抜物件とはどういう物件ですか?

オフィス のよくある質問

スケルトン物件、居抜物件とはどういう物件ですか?
スケルトン物件とは、基本的に室内に何もない状態をいいます。物件区画内の壁、床、天井がコンクリート地業仕上げの状態のことです。 居抜物件とは、賃借人(テナント)側が給排水、電気配線、ガス配管や内装、設備などを施し、そのままの状態で退去し、それら造作・設備を所有権ごと譲渡する物件のことです。 ※居抜物件とは現入居者と新賃借人との間で居抜き譲渡契約を締結することでそのまま引き継ぐことが可能になるため、初期費用が大幅に削減できるメリットがあります。

お役立ち情報

  • 賃貸物件入居者様向け
  • 開店・開業ノウハウ
  • 不動産売買の知識
  • 買取・任意売却・その他売買のことなら買取・任意売却・その他売買のことなら
  • 「賃貸管理物件」募集中「賃貸管理物件」募集中
  • 企業情報企業情報
  • 採用情報採用情報
不動産総合センター

不動産総合センター

〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-12-14
TEL:092-475-0055(代表)
FAX:092-475-0058
TVQ斜め前です

  • SUUMO売買
  • SUUMO賃貸
  • athome売買
  • athome賃貸
  • 楽街