本文へ移動

2021年 WARMBIZ(ウォームビズ)の実施について

ウォームビズ(WARMBIZ)とは 過度な暖房に頼らず、冬を快適に過ごすライフスタイル、冬期の地球温暖化対策のひとつとして、
暖房時の室温を20℃(目安)で快適に過ごすライフスタイルを推奨する『WARM BIZ』(ウォームビズ)があります。
暖房中の室温は「19℃を目途に過度にならないように適切に調整に努める」こととする方針です。
 暖房利用によるCO2を削減し、地球温暖化を防止しよう! ウォームビズは、暖房に必要なエネルギー使用量を削減することによって、CO2の発生を削減し地球温暖化を防止することが目的です。 

一般的に、電力による冷暖房を行う場合、室温設定の調節による省エネ効果は、夏よりも冬のほうが大きいことが知られています。
冬の暖房器具使用時に室温設定を今までよりも下げるようにすれば、CO2削減効果があるばかりでなく、電気代を効果的に節約することにつながります。
ウォームビズは、家庭やオフィスにとって経済的なメリットもあります。
最近の断熱性の高い建物では、暖房をしなくても室温が20℃を超えるケースがあります。
こうした建物はその性能そのものが地球温暖化対策に貢献しているといえます。
ウォームビズでは室温20℃を呼びかけていますが、そのような建物について、冷房してまで20℃にすることを求めるものではもちろんありません。 
暖房をつけずに済むのであればそれが最も望ましく、ウォームビズはあくまで適切な暖房使用を呼びかける取組です。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

株式会社不動産総合センター
2021年9月吉日

TOPへ戻る